日々のメニューの紹介と食に関する情報


by hyperyukkokko3

○妊婦健診 血液製剤、注射しましたぁ(*_*;

○妊婦健診 血液製剤、注射しましたぁ(*_*;

 昨日は定期の妊婦健診。
 3週間間隔で700g→1400gと飛躍的な成長をとげたわが子はまた3週間経って
 すごいことになってるんじゃないか・・・
 と思ってきのう病院に行きました。

 今30週、結果は1780g、だって。

 先生が言うには2週間後の数値だそうで、やっぱり大きいみたい。

 赤ちゃんが大きいと早く生まれてくるのかと思って聞いたら、
 「予定日に大きな子が生まれてくるだけだよ」
 って笑顔で言うけどさぁ、大きな子の出産って大変っていうじゃんー・・・。
 まぁ、しょうがないけど。



 そうそう、昨日人生で初めて血液製剤を注射したよ。
 血液型がRH(-)でしかもAB型、かなり特殊な血液の私。
 (2000人にひとりらしい・・・)両親は(+)なのになぜか私は(-)。

 旦那さんはRH(+)だから赤ちゃんは(+)の可能性が高い。(っていうかほとんどそう)
 出血や何かの衝撃で私の血液と赤ちゃんの血液が混ざっちゃうと、
 私の体が異物とみなして赤ちゃんを攻撃して、流産とか死産とかになるらしい。
 
 今まで(-)の人は妊娠後期に血液検査を毎回して、
 抗体ができていないか(血液が混ざってないか)を毎回確認して、もし抗体が確認できたら
 すぐに緊急帝王切開をしていたらしい。
 それで子供の血液型を確認して(+)だったら出産後72H以内に処置をしないと
 2人目が妊娠できなくなっちゃうらしい。

 昨日の注射はその抗体をたたく為の薬で、今までは出産後にしていた処置。
 妊娠中にしても赤ちゃんには影響がないってことがわかったらしい。
 で、注射をすることになった。

 こんななんだか怖い状況だったのか・・・と実は昨日初めて知ったよ~。
 先生には「出血したらすぐに病院に連絡してくださいね」
 としか言われてなかったし。
 私、ひょっとしたら出血したらどんなに未熟児になろうとも
 帝王切開しなきゃいけなかったなんて・・・
 危機感もなくのびのび過ごしちゃった。
 ほんとに今までなにもなくて良かった~。

 でも注射、いつもの皮膚の表面にするような刺し方じゃなくて
 直角90℃でブスっと・・・筋肉に打つってことで、見てると怖い感じの状態。
 痛いよ~
 って看護婦さんに言われて覚悟してたんだけど、意外にそれほどでもなかった。
 よかった。
 先生の注射が上手なのかな?
 痛みに強い?注射慣れ?

 これで多分出産までは大丈夫ってこと。
 
 血液製剤、色々ニュースもあったし、これから先、何もないといいんだけど。
 でも今はお腹の中の赤ちゃんの命を守らなきゃいけないから
 嫌だとかいってらんないよね。
 でもなんだか不安は残ったまま。


 私の母はなぜか私がPH(-)で生まれたことに責任を感じてるみたい。
 この注射、保険も検診の割引もきかなかったから実費精算23000円と超高い。
 代金を払うよーとか、責任感じてます、とか言ってる。
 もちろんお母さんのせいじゃないのに・・・。
 母親ってそうなのかな。
 子供のことで何かあったら自分のせいって思うのかな。

 旦那さんのお母さんもそう。
 4200g、大きく産まれたうちの旦那さんの遺伝で今赤ちゃんが大きいんじゃないか、
 私が心配してるんじゃないかって
 なぜか申し訳ない・・・って思ってるみたい。
 これこそなにもお母さんのせいじゃないのに。

 わたしもそういう風に思うようになれるのかな~。
 今じゃ信じられないけど。ね。

 がんばりま~す(*^^)v


 
 
 
[PR]
by hyperyukkokko3 | 2009-04-03 08:36 | ○赤ちゃんの成長